Menu

活動情報

貯水槽清掃作業従事者研修 山陰山陽支部 兵庫県

2020/09/16

山陰山陽支部では、一般社団法人兵庫ビルメンテナンス協会の協賛により、建築物貯水槽清掃業の登録要件として定められた貯水槽清掃作業従事者法定研修の第1回目が、9月16日に兵庫県神戸市の兵庫県中央労働センターで開催され、35名が受講しました。

 

開催にあたり、会場では入場時の検温や手指の消毒をはじめ、係員のビニール手袋の使用、受講者を含めた関係者全員のマスクの徹底などの新型コロナウイルス感染防止の対策が行われました。

 

 

 

←開講前の消毒作業の風景

 

 

 

 

 

 

 はじめに、野上龍男支部長より開会の辞が述べられ、続いて、一般社団法人兵庫ビルメンテナンス協会の井上寛之会長より開催の挨拶が行われました。

 研修会では、「建築物衛生法関係法令」を兵庫県健康福祉部健康局 生活衛生課の谷口美佳氏、「水と健康」を神戸市健康局生活衛生課の東順子氏、「作業の安全と衛生について」を貯水槽管理中央協議会研修指導員の伊藤昭夫氏、「貯水槽清掃の目的、マナー」を同研修指導員の平松充氏に、それぞれ講義を担当いただきました。

昼食を挟んで、「給水設備と機器」を山口圭太研修指導員、「貯水槽の清掃方法」を野上龍男研修指導員、「貯水槽の消毒方法」、「貯水槽の塗装方法」を中井成美研修指導員に、それぞれ講義を担当いただき、講義終了後、閉講式が行われ、中井成美副支部長より閉会の辞が述べられたほか、受講者全員に修了証書が交付されました。