Menu

活動情報

貯水槽清掃作業従事者研修 九州支部 熊本県部会

2019/07/24

 九州支部熊本県部会の主催として初めて、建築物貯水槽清掃業の登録要件として定められた貯水槽清掃作業従事者研修会が7月24日、熊本市中央区のくまもと県民交流館パレアで開催され、46人が受講しました。

 開講にあたり、当協会の及川理事運営役委員長より、「本日、熊本県部会の主催により貯水槽清掃作業従事者研修会が開催され、多くの方が受講されたことは非常に喜ばしいことであり、同部会活動のより一層の活性化にも繋がる一つのきっかけになると大いに期待している」との挨拶が行われました。

 研修会では、「建築物衛生法を中心とした関係法令」のテーマを熊本県健康福祉部健康局薬務衛生課参事の佐藤康子氏が、また「水と健康」、「貯水槽の消毒方法」のテーマを熊本市保健所生活衛生課の岩永日吉氏が講師となって、講義が行われました。

 昼食を挟んで午後から、「給水設備と機器」のテーマを理事で運営役委員長の竹内彌吉研修指導員が、「貯水槽の清掃方法」を業務執行理事副会長である佐藤佳雄研修指導員が、「貯水槽の安全と衛生」、「貯水槽の塗装方法」を山陰山陽支部副支部長である中井成美研修指導員が、それぞれ講師となって講義が行われました。

講義終了後、閉講式が行われ、主催者である熊本県部会の島田好久部会長より、受講者全員に修了証書が交付されました。